ようこそ!

【 ゆったりといきますか… 】〜 希望はいつも心に 〜
1月から始まった日本での新型コロナウィルスの感染が収まらず、とうとう秋を迎えようとしています。春の桜も夏の花火も旅行も里帰りもありませんでした。人と会う機会も激減し、携帯やパソコンで勉強も買い物も飲み会や冠婚葬祭まで始めるところまで出てきました。新しい生活スタイルなのでしょうか?ソーシャルディスタンス、ウィズコロナ… 新しい言葉も生まれてきます。仕事も淘汰されていくのでしょうか? 確かにAIや人間以外に代用されていくものも増えるでしょう。もともと無駄だったもの、必要なかったものなどもあぶり出されてきました。その中でやっぱり1番大切なものは人と人との心のつながりでしょう。今はマスクで表情も見えません。話も最小限です。握手やハグはできません。大声で喜びを表現することも体をぶつけ合うスポーツもできません。それでもみんな工夫しながら心のつながりを求めています。それが大切なことだとわかっているからです。喜び、安心感、やすらぎ、明日への活力…  やっぱり顔を合わせて、目を見ながら、言葉を交わし、手を取り合って肩を抱いて、肌の温もりを感じる。お互いの存在感を確かめ、生きてる喜びを噛みしめる。これが人と人とのつながりですよね。コンサートもやはりLiveです。今年いっぱいのお祭りやイベントもほとんど中止が決定しています。そうなればもう腹をくくってのんびりじっくりいきましょう。探せば結構、こんな時だからできる楽しいこともいろいろあります。テレビでも毎日あーでもないこーでもないとやってますがもう気にしない。自分のやりたいことをやる。やるべきことをやる。希望を持ち続けてね!大切な自分の人生だから… 。感染に気をつけてLiveもします。会いたい人には会いに行きます。2020年を暗い嫌な思い出ではなく、自分にとって貴重な大切な、明るく楽しい思い出でも飾りたいと思います。残暑も続いています。災害もあります。皆さんもどうぞお体に気をつけて、いい年になりますように!またどこかで笑顔でお会いしましょう!  

  少し早い琵琶湖の秋に…   関島秀樹